芝浜-Shibahamaー

Planning / Production / Operation / Production/Career/Dream/Work

Life is Beautiful Project

 私は、「note.」にこれからやりたい100のことを書いている。そちらに続きを書いていく。ひとつひとつ実現していく。そこで、ひとつ福祉関係の方々と話をしていて、どうしても、福祉関係のプロジェクトを行いたくなっている。乙武さんの支援を始めたことと、福祉関係のプロジェクトへの興味は直接関係はない。

 

 慈善活動を行う任意団体を立ち上げることで、いろいろと協力者をいれることができる、とアドバイスをいただいて、隔週の活動で、これらを行っていこうと考えている。

2週に1度であれば、業務に支障はでない範囲で、生活に加えられる。介護実務者の修了はしているので、介護も素人というわけではない。

 

 この「いいことしたい」というモチベーションは気持ち悪いが、蔑み、いじめるよりは、ずっとよいと思う。世田谷区の「おたがいさまフェスタ」にボランティアで参加させていただいた。みんな、ふつうだし、元気だし。楽しく遊んだ。苦しみがあるわけではない。ただ、彼ら、私自身をふくめて、なぜ社会の許容度は低いのだろう。

 

 多様性という言葉ができて、変わっていく。かならず、言葉が先にできる。言葉を変えれば、思考も変わる。金子みすゞの「みんな違ってみんないい」である。

 

 人間の存在について、社会の存在について、

 私はこれから理解できる方々と親交し、学びを深めていく。

 

 私は、見捨てはしない。おそらく社会の歪みに、入り込んだ人々がいる。本来のチカラを発揮することをとめられたり、何かの餌をもらっている人々がいる。現在の野党の闘い方は、ガス抜きにしかならない。もっと深く入りこみ、次第にゆっくりと変革をしていく。それぞれの役割を演じているに過ぎない社会。それならば、今の役割に飽きたら、新しい役割を自分で作ればいい。創れなくても、選べるようにすればいい。ステレオタイプで命を守り、社会の生活者としての受動的な参加者。

 

 声のでかい者が勝つ社会はやめよう。

 

 役割を自分で創って、役に立てば、それで社会の参加者。社会を安全に運営するために法律で禁じていることはある。時代とともに変化していく。仇討ちは、今は禁止されている。しかし、かつては仇討ちをしなくては腰抜けである。反逆は成功すると革命で、失敗したら、テロになる。

 

 あたりまえの社会を享受している人間は、いずれ息詰まる。そして、階層の転換が起きる。なんども繰り返されたことである。今の日本に、これからの日本に、何が起きるのか。ひとつひとつ、実行していこう。

 

 共鳴するエネルギーは、集約されていく。

 

 

 

(R)shibahama since 2020