芝浜-Shibahamaー

Planning / Production / Operation / Production/Career/Dream/Work

Upcycle Edgecover Project

 

 新しくスポーツやダンス、フィギュアスケートをはじめると、ジャージなどの練習着やインナーを整える。フィギュアスケートの靴を陸で保管するときにブレードを保護するカバーがある。通称、エッジカバーと呼ばれる。エッジケースというとプラスチック製のもので、こちらは、床面とエッジの双方が傷つかないようにするものだが、空気が入りづらい構造の為、長時間使っていると、さび付いて、エッジを駄目にしてしまう。

 

 通常、スケーターは、保管や運搬のときは、エッジカバーと言われるソフトカバーでブレードをくるんでいる。この「エッジカバー」の種類は多様であるが、一般の用具と比べるとまだまだ少ないし、40代の男性がお気に入りにできるデザインはまだ少ない。

 

 オヤジ心として、ハイブランドと組んだ、数万円のものや、デザイン性の高い5000円程度のものがあると、見栄も張れるし、なんとなく楽しめる。もちろん安くて、使いやすい600円のソフトカバーは人気だが、大人としては、やはり良いものやオリジナルが欲しくなる。

 

 そこで、昨今流行りのアップサイクル業界と組んで、エッジカバーを創っていくことにした。ジャージやタオル等の捨てられないアイテムを、一度断裁して、生地にしてから、アップサイクルをしていく。

 

【事業化へ向けてのスケジュール】

 【1】起業

  2022年07月 試作品づくり、平行し、プロジェクト骨子を計画立案

        商標登録、意匠(デザイン)登録

 

  2022年08月 「MAKUAKE」等のクラウドファンディングへリリース

        販売戦略立案

 

  2022年09月 Base.にて Test Sales Start/JAN取得

        アップサイクルの為の回収事業をスタート。

        プロスケーターへデザイン・プロデュースの依頼

 

  2022年10月 プロデュース商品の開発/製造

        「MAKUAKE」等へ早割付きでリリース。

        (子供用100個、女性用100 男性用 50個)

 

  2022年11月 Amazonにてブランド登録/販売開始 

        次年度、コラボイベントや企業の募集及び声かけ。

        ※適時スケーターとのコラボを展開していく。

 

【補足】

 リリース前のため、具体的な生地の内容やスケーターの氏名は控えています。今後、ご調整をさせていただきながら、進めていければと思います。よろしくお願い申し上げます。イベントでの販売も可能です。オリジナルの商品は、スケーターにはタオルよりもありがたい記念になります。数はそれほどでないでしょうが、すべて人が創るものだからこそ、小ロットに対応できます。その分、価格は高くなっていますので、イベント時では、在庫切れが起きた場合は、追加でお客様よりご発注いただき、売り損じをなくしてください。およそ3カ月程で納品できると思います。(追加分は、受注生産方式のため、お時間はいただきますが、リスクはございません)

(R)shibahama since 2020