芝浜-Shibahamaー

Planning / Production / Operation / Production/Career/Dream/Work

BLADE COVER PROJECT【2022.10.09追記】

ブレードカバー

 新しくスポーツやダンス、フィギュアスケートをはじめると、ジャージなどの練習着やインナーを整える。フィギュアスケートの靴を陸で保管するときにブレードを保護するカバーがある。通称、エッジカバーやブレードカバー と呼ばれる。エッジケースというとプラスチック製のもので、こちらは、床面とエッジの双方が傷つかないようにするものだ。

 通常、スケーターは、保管や運搬のときは、ブレードカバー と言われるソフトカバーでブレードをくるんでいる。この「ブレードカバー」の種類は多様であるが、一般の用具と比べるとまだまだ少ないし、男性がお気に入りにできるデザインはまだ少ない。使いやすい600円のソフトカバーや5000円程度の女性向けのものもある。

 

 そこで、日本ならではのブレードカバーを自分用に創ってみた。着物の生地を使い、ジャストサイズである。ネーミングや詳細はまだ発表前のため、ここには書けない。

 

 資金難に陥り、プロジェクトを一次中断した。資金面の都合と私の事業が軌道にのってくれば、余剰資金でスムーズに進む。支援を得るために、MAKUAKEやクラファンを使うアイディアもあるが、「意匠」と「特許」の申請を行ってからでないと販売ができない。

 

 まずは資金を集める。また試作品を創り、次にテスト販売を行う。

 これはどすこいJAPANさんの助言によるものだったが、素直にとりいれたいと思う。

アイススペース様とはご協力体制をいただいているので、試作品を持って、ご挨拶とご協力のお願いに伺いたいと思っている。縫夢ing様とは明日以降のセッションが可能になる。しかし現時点では、情報の共有とスケジュール策定が10月の活動できる精一杯になるかもしれない。助言の通り、ワンサイズに絞り、発売していく、という展開でいくとして、なんとか年内の発売になる。

 

 デザイナー、パタンナーを導入したいところであるが、この業界にはまだまだ参入したばかりである。簡単にできるものはない。人間の知恵と時間と能力を使って、創っているのだ。

 

課題

もうひとつの課題は、この事業は海外展開をしていかないとリクープできないのである。海外への輸出展開。これは昨今の「日本製」として海外のスケーターに売り込む企画である。多様なブレードとサイズに対応していくには、この要素がかかせないのである。まずは一番売れるサイズと型に限定して創り、販売する。この戦略で行っていく。

 

 ちなみにこの事業は生産性はあるが、市場がとても狭い。小さな企業が工夫していくといい業界ができるのではないか、と思う。スポーツやダンス、他にも趣味の世界を彩るアイテムは、かならず必要ではあるが、マーケットが小さいために参入者が少なく寡占業界である。押しつぶすことなく、協力しながら、やっていく企業はファンを得られるため、安定を得られると思う。

 

 ちなみにブレードカバー業界は、まだ存在しない。カナダ企業のアイテムか、ショップが企画しているものである。ニーズが少ないということではあるが、ニーズが生まれないわけではないし、価値の創り方である。

 

 和裁業界とスポーツ業界という異業種を結び付けていくことで、双方の中小企業の新たな礎ができる可能性を感じている。他にも技術を活かせる展開があると思うのである。

 

白川郷のカフェ「SOUTH SIDE CAFE」様にマスクケースをプレゼント。

落合陽一さんのイベントに参加するために飛騨高山に行き、そのまま温泉に宿泊。

白川郷に行く。合掌造りの村にうきゃうきゃ喜んでいた。そして、「SOUTH SIDE CAFE」カフェに入り、店主さんとたのしくおしゃべりをはじめる。

 

SOUTH SIDE CAFE – Come grab some pies and coffee!

 

 東京の生活に疲れていることを話したら、白川郷への移住を案内される。私もまんざらではない。さっそく、お付き合いの証に持っていた「Shibahama」のオリジナルのマスクケースを店主にプレゼントさせていただいた。お店のスタンプを押して使ってくれるそうだ。これで、サンプル用の500枚はすべて、使ってしまった。

 

 マスクケースのお礼に、と店主からいただいたパイを、バス停でいただいた。

風まかせに、旅した白川郷であったが、たった数時間の滞在を何度も何度も噛みしめる。旅の出会いは、やはり不思議なものである。 

 

 先日、特許庁から郵送が届き、そのマスクケースについて、意匠には新規性がない、という連絡があった。残りの在庫は1500枚。Amazonでもbaseでも販売している。自分用のマスクケースが減ってきたので、販売用から、100枚程、サンプルに回していこうと思っている。それでも、在庫の倉庫代やシステム維持費もかかるので、大型グルメイベントに提供し、使っていただこう、と思う。

 

 物語は、ひとつひとつ、帰結し、次の展開へ繋がる。

 点と点を繋ぎ、線になり、直線は曲線になり、何かを描いていく。ふと離れて見たら、無軌道に動いている、線が何かのカタチを描いているのかもしれない。

 

 なんだかわからないチカラを信じて、出会いを信じて、

 彼らに私は会うことができて、言葉を交わし、思考を知り、共鳴ができた。

 つまり、ひとりでは成しえないことが、共鳴したり、協力したり、そういうことで、何かが実行できてくるのである。

 

国会議事堂にある「第四の台座」に立つ人は、私はマスコミではなく、国民のひとりひとりだと思っている。だから、あの台座は空になっているのだと思う。

Life is Beautiful Project

 私は、「note.」にこれからやりたい100のことを書いている。そちらに続きを書いていく。ひとつひとつ実現していく。そこで、ひとつ福祉関係の方々と話をしていて、どうしても、福祉関係のプロジェクトを行いたくなっている。乙武さんの支援を始めたことと、福祉関係のプロジェクトへの興味は直接関係はない。

 

 慈善活動を行う任意団体を立ち上げることで、いろいろと協力者をいれることができる、とアドバイスをいただいて、隔週の活動で、これらを行っていこうと考えている。

2週に1度であれば、業務に支障はでない範囲で、生活に加えられる。介護実務者の修了はしているので、介護も素人というわけではない。

 

 この「いいことしたい」というモチベーションは気持ち悪いが、蔑み、いじめるよりは、ずっとよいと思う。世田谷区の「おたがいさまフェスタ」にボランティアで参加させていただいた。みんな、ふつうだし、元気だし。楽しく遊んだ。苦しみがあるわけではない。ただ、彼ら、私自身をふくめて、なぜ社会の許容度は低いのだろう。

 

 多様性という言葉ができて、変わっていく。かならず、言葉が先にできる。言葉を変えれば、思考も変わる。金子みすゞの「みんな違ってみんないい」である。

 

 人間の存在について、社会の存在について、

 私はこれから理解できる方々と親交し、学びを深めていく。

 

 私は、見捨てはしない。おそらく社会の歪みに、入り込んだ人々がいる。本来のチカラを発揮することをとめられたり、何かの餌をもらっている人々がいる。現在の野党の闘い方は、ガス抜きにしかならない。もっと深く入りこみ、次第にゆっくりと変革をしていく。それぞれの役割を演じているに過ぎない社会。それならば、今の役割に飽きたら、新しい役割を自分で作ればいい。創れなくても、選べるようにすればいい。ステレオタイプで命を守り、社会の生活者としての受動的な参加者。

 

 声のでかい者が勝つ社会はやめよう。

 

 役割を自分で創って、役に立てば、それで社会の参加者。社会を安全に運営するために法律で禁じていることはある。時代とともに変化していく。仇討ちは、今は禁止されている。しかし、かつては仇討ちをしなくては腰抜けである。反逆は成功すると革命で、失敗したら、テロになる。

 

 あたりまえの社会を享受している人間は、いずれ息詰まる。そして、階層の転換が起きる。なんども繰り返されたことである。今の日本に、これからの日本に、何が起きるのか。ひとつひとつ、実行していこう。

 

 共鳴するエネルギーは、集約されていく。

 

 

 

Work2022.04

2022.04.09-10 「Stars on Ice」鑑賞@代々木第一体育館

2022.04.11-12 「TSM入学式」運営協力@国際フォーラム ホールA

2022.04.18-21 「おれの豚」校正@プライベートライフサポート事業

2022.04.22-23 「おたがいさまフェスタ」ボランティア活動@世田谷区

2022.04.25-27 「37坑道-シベリア物語2」DX作業@プライベートサポート事業

(R)shibahama since 2020